個別指導型のメリット

個別指導型の塾とは?

講師1人が生徒1~5人を担当し個別に対応するやり方であり、個別対応なのでより一人ひとりに寄り添った指導を受けられるのが特徴です。担当する子供に合わせたカリキュラムを組むので時期やタイミングを問わずいつからでも始めることが出来て、また授業についていけなくなるといった心配がありません。集団指導などの人が多い場所を苦手とする生徒が緊張せずに授業を受けやすいので内向的な子でも率先して授業に参加しやすく子供のタイプによっては大きく学習速度に違いを感じられるでしょう。授業形態が子供の性質と合うかどうかや講師との相性もありますが、集団指導型の塾が合わなかった子でも個別指導型だとうまくいくことが多いので、子供の将来を考える上で重要な選択肢と言えます。

柔軟性の高さが強みの個別指導

個別指導の強みといえばなんといってもその柔軟性。子供の現在の理解度や得意不得意に合わせて指導内容や方針を決めるのでその子供にとって最適な方法で学習することができますし、学校や集団指導と違って子供がどのように問題を説いたか、どこで詰まってしまったかも講師が見ているので、疑問点や苦手な部分の克服を見逃すこと無く逐一解消できるので深く理解でき、応用問題などにも強くなれます。また講師が基本的に生徒の力を伸ばすような指導をゆっくりと行えるため自分で考える力を養うことができます。料金も少子化の昨今では落ちてきており、ある程度出しやすい値段まで落ち着いてきました。勉強に詰まってしまうと子供が勉強に対して苦手意識を持ち、どんどん学力が伸びにくくなってしまいがちなので、そうなる前の転ばぬ先の杖として個別指導を受けさせてみてはいかがでしょうか。