個別指導型のデメリット

学習の進捗がどうしても遅くなる

個別指導塾の場合は、生徒の学校での進捗状況や理解状況に合わせてカリキュラムを組みます。そのため、どうしても学校でやったことの復習が中心にならざるを得ません。分からないことがあったら先生がつきっきりになって教えてもらえるところはいいですが、分からないところが多すぎる場合にはカリキュラムが消化しない可能性があります。
予備校や集団指導塾の場合は受験日から逆算してカリキュラムを組んでいますので、全体として学習の進捗が遅れることはありませんが、個別指導塾の場合は学校でやったことをベースとしてやっていきますので、受験のことを考えたら進捗が遅くなりがちです。進捗が遅くならないように、受験を意識していつまでに何を習得するべきなのかを意識して学習する必要があります。

モチベーションを維持することが難しい

個別指導塾は自分一人の世界で学習をしていきますので、ライバルたちのことを意識することはめったにありません。意識が高い生徒がマイペースで学習をやるというのは、受験までの道筋が見えているのでまだいいです。しかし、個別指導塾に行く生徒の大半はそういう生徒ではありませんので、マイペースで学習をしてしまうと、自分が相対的にライバルたちに比べて進んでいるのかどうかが分かりにくいです。そのため、個別指導塾に行く生徒の中で、モチベーションがいまいち上がらないという悩みを抱える人が出てきます。
特にどのくらいのレベルにいるのかわからないと、あとどのくらい頑張ればいいのか分かりにくいので、全体的な指標を得るために模擬試験を積極的に受ける必要があります。

来年度から新入学する、または新学年になる準備として、春期講習はとても重要です。前年度で扱った単元は理解済みと判断され、授業はどんどん先に進みます。時間に余裕のあるうちにしっかり復習をしておきましょう。