多人数型のデメリット

勉強に集中出来ず、質問がしにくい可能性もある!

多人数型の塾のデメリットの一つとして、授業に集中できないという点が挙げられます。多人数型の場合、多くの生徒と一緒に授業を受けることになります。そのため周囲の生徒がうるさい場合、講師の声が聞き取れなかったり、集中力が途切れてしまう可能性があります。せっかく塾に通っているのにも関わらず、周りの生徒のせいで真剣に勉強に取り組めないのは嫌ですよね。一人で集中して学習したいという方には、多人数型はあまりお勧めできないかもしれません。

また、講師に質問をしづらいというデメリットもあります。多人数型の塾の場合、多くの生徒の前で質問をしなければなりません。こういった状況でも、講師にどんどん質問できる方なら問題はありませんが、人前で質問をするのは苦手という方もいるでしょう。そのような方は、多人数型の塾だと学習しにくい恐れがあります。

多人数型ならではの大きなデメリットとは!?

多人数型の塾では、周囲にたくさんの生徒がいるため友達も作りやすいです。しかし、少人数型の塾と比べて人間関係のトラブルに巻き込まれる可能性も高まります。これも多人数型ならではの大きなデメリットでしょう。人間関係で悩みたくないという方には、多人数型の塾はあまり向いてないかもしれません。

そして多人数型の塾の最大のデメリットは、授業を欠席した際に追いつくのが大変という点です。少人数型の塾であれば、個人ごとに授業カリキュラムが組まれるため、欠席してもすぐに追いつくことが可能です。しかし多人数型の塾の場合、クラスごとで授業カリキュラムを作成するため、欠席した生徒のために授業の進行を止めることはあまり無いでしょう。遅れた分を取り戻すためにかなりの苦労を伴なうのが、多人数型の塾の大きな注意点です。

小学生の塾にはさまざまな種類があります。例えば私立中学校への受験に向けた塾や、日々の授業の復習をするための塾があります。